随想舎

日光の歴史、田中正造、足尾銅山など地域に根ざした書籍を発行。

俳諧する浪人たち

近世下野の浪人社会

川田 純之 (かわだ じゅんし)

彼らはどこから来て、どこへ消えていったのか?

江戸時代、さまざまな状況から「浪人」と呼ばれる一群が各地の宿場や村々を徘徊しは、いずこへと消えていった。
限られた史料から、徘徊する浪人たちの実体を、近世下野国を例に丹念にたどったもうひとつの近世史。

第8回随想舎歴文研出版奨励賞

四六判/並製/192頁/定価 本体2000円+税
ISBN 978-4-88748-380-4 C0021
2020年4月1日 第1刷発行

cart