タイトル
種まきの人生


 種まきの人生

  プラス思考の365日


  髙山實

 「優しくされて泣くよりも厳しくされて強くなれ」

 愛知県に生まれ、栃木の地で35年。たった一人の起業から、宇都宮市を拠点に県内外で幅広く警備業を展開するに至ったヒントがここにある。

 誰しも「夢」を見ることと思う。夜、目を閉じて眠っていても、ものを見ることができる。夢を見ない人はいないだろう。しかし、夢を夢のなかだけで終わらせてはいないだろうか。実は見えないものを見るということは、とても難しいことなのである。それには、過去の努力や苦労、そして、流した汗や涙の結晶が必要だからだ。〈本文「見えないものを見る」より〉


四六判/上製/234頁/定価 本体800円+税 
ISBN 978-4-88748-287-6
2013年12月27日 第1刷発行

cartへ
 
 

著者プロフィール 

髙山實   たかやま みのる


昭和15年(1940)10月6日 愛知県生まれ。
昭和52年(1977)4月 群馬県館林市赤生田に太陽警備保障設立。
昭和54年(1979)2月 宇都宮市鶴田町1961番地に営業所設立。
昭和55年(1980)7月 宇都宮市鶴田町1961番地に本部を移転。
昭和56年(1981)6月 株式会社太陽警備保障を設立。
  現在、営業所9カ所、従業員数650人(2013年12月現在)。
  グループ企業として総和防災(株)を経営。
株式会社 太陽警備保障
 〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1961
 TEL 028-648-1138(代) FAX 028-648-7695


目 次



第一章 種まきの人生

種まきの人生──栃木放送「鈴木智の栃木元気」より


第二章 未来への挑戦

  平成18年
法令違反のないように
事故防止対策の重要性
プラス思考で前進
チャンスを活かす
「報・連・相」の重要性
社長の指示は第一優先に
警備員は敬礼で挨拶
長年の活動にテレビ局取材要請
隊員への仕事の割り振り
一流の定義
会社の経営方針
総合評価方式にて落札
「なぜ?」「どうして?」「どうしたら?」
メモのとり方、仕事の仕方
見えないものを見る
万全を期して準備する
総動員で掛かり大事を成す
若い人にチャンスを与える
  平成19年
脳の新陳代謝
  平成20年
身体で覚える
禁 句
自ら火の粉を起こさない
信用を築く
上の上
自ら限界を作るな
  平成21年
メモ伝達で情報共有
仕事に対する姿勢
会社のイメージアップを図る
PCのシステムはできている
会社への提言
予測を立て行動し実現する
栃木SC必勝祈願祭
細心良く気を配る
警備員の誇り
徳を積む
ちょっとした気遣いで
やらされていること?
管理の良い会社に仕事は来る
小さな善意の心掛け
営業と警務で円滑な業務推進を
無駄を抑えた在庫管理
形だけではダメ
他人の振り見て
経過と結果を確認
他人のことにも気を向ける
力を合わせて一歩前進
褒めて伸ばす
ひとつのハードルを越えた人
隊員の教育に力を入れる
事業仕分けとは
来年の仕事のために
社員全員で共有するには
イベント会場での効果
先を見通す力とは
行動力を身に付ける
管理者の発想
  平成22年
努力なしでは欲はかけない
隙のない職場環境の形成を
一期一会
挨拶級の導入
成長する人
緊急時には口頭で報告
毎月目標を持つ
お客様に満足してもらうこと
営業の強い気持ちが会社を支える
「宇都宮おもてなしいろいろガイド」の活用
101%の警備

心の二面性
プラス1%の警備を実践する
猛暑のなかの隊員への気遣い
足で稼ぐ営業
お客様からの要望に応える
普通の道徳観念を持つ
営業の心得
自分から進んで行う
失敗を恐れず挑戦し続ける
美しい挨拶を身に付ける
メッセージを葉書に
ありがたい仕事の注文
経済効果で中国語も必要に
研修会での成果を持ち帰る
笑顔で警備誘導を
社長個人の関連会社の新取引きは報告を
山本五十六の精神で
現行犯逮捕
先を見る力
気付いたときに即行動する
感動し喜びを感じる心
顧客に感動を与えるための組織
事前に体調をチェックし事故防止
相手を敬う
  平成23年
数々の指摘を真摯に受け止め反省
第2、第3のものが見えてくる
良い環境作りは自分の足元から
真価が試されるとき
講演会で再確認
物を片付ける
会社全体の質を向上させる
二度と同じ指摘は受けないように
より高いハードルに挑む
8月度辞令交付式
小グループに分け議論
常に考える
  平成24年
達成感を手に入れる
新しいアイデアで受注を増やす
安否確認システム
会社に籍を置く者の務め
  平成25年
「報・連・相」の率先垂範
無事故は日常点検から
一流の警備会社へ! と意識を高める

第三章 心の糧

社 訓
青 春
無 題
人生八変化

無 題
幸福への近道
不幸を自分で造る人
受 身
親父の小言
めいげんそことば
あんびょうたんことば
つもりちがい十ヵ条
崋山先生商人八訓
ストレス解消法十ヵ条
先哲の言葉
無 題
その一言
言 葉
幸福になる心
人の道
職場で嫌われる人十五ヵ条
はきものをそろえる
成功の哲学
何もない人生訓
自己啓発格言
接客用語


行動を起こすプロセス──あとがきにかえて