親と子で語る うつのみやの民話
 親と子で語る  うつのみやの民話


 栃木の民話語り かまどの会


 宇都宮の土地にどっしりと根を生やし、語り継がれる民話45話を再話。先人の遺産である民話を通して、郷土の伝統文化を守り継ごう。民話は心の故郷である。


 A5判/並製/144頁 定価 本体1000円+税
 ISBN 978-4-88748-234-0
 2011年2月25日 第1刷発行

cartへ
 

編著者

 栃木の民話語り かまどの会

執筆者

  阿部 愛子  伊藤 とみ  伊藤 芳昌
  飯野ハツヱ  金子 隆郎  郡司 紀子
  佐々木洋子  柴田ミチ子  田島 道子
  中川 和江  仁平惠美子  藤田 和子
  山崎 洋子  吉成 和子

目 次


 朝日観音
 つり天井
 おしどり塚
 大豆三粒の大仏
 天狗に手を貸した和尚
 亀井の水
 城主を助けた明神様
 田芋おぢ
 長柄稲荷
 田うない地蔵
 黄ぶな物語
 百目鬼
 城東龍
 狐のわび証文
 白 蛇
 稚児が坂
 夜泣き石
 ササリンドウの紋
 浮き島地蔵
 ダイダラボウシ
 毘沙門天
 鬼怒川を走って渡った男
 もみずり騒動と亀右衛門
 道場宿正宗



 飛山城の白ナマズ
 馬 市
 十九夜さん
 大塚のお稲荷様
 鉄五郎の仇討
 とんでもねえ太郎左衛門
 孝子桜
 大谷寺と姿川のいわれ
 弘法大師の杖
 静 桜
 橋くぐり地蔵
 大網のいわれ
 あざ地蔵
 男抱山物語
 ごぜ石と念仏坂
 あみだ堰のうなぎ
 伝右衛門と白イノシシ
 篠井の池
 大石神社
 双子塚の三日月様
 雀の宮
 「宇都宮の民話」の分布
 あとがき