あなたとともに 県議山田みやこの10年
 あなたとともに

 県議山田みやこの10年

 山田みやこと市民の会[編]

 権力から遠い世界で平凡な生活を送っていた主婦が栃木県議会議員になって十年が経過した。彼女は市井に暮らす全ての栃木県民の代弁者となり、「生活者の声を県政に」送り続け、あっと言う間の十年であった。本書は十一年目に踏み出そうと決意した栃木県議会議員山田みやこの道標として刊行することとした。(『山田みやこと市民の会』事務局長 近能 康)

 山田さんの一番の特徴は、「有権者への信頼」だと思います。「政治家を信頼できるかどうか」という視点はよく話題になりますが、政治において何よりも必要なのは「有権者への信頼」だと私は思っています。山田みやこさんは、「有権者への信頼」に基づき、情報をきちんと開示し、ネットワークを作りながら、政治活動を続けておられますし、政治のわかりやすさや希望へと間違いなく貢献してくださっています。そもそも山田さんは、私の「有権者への信頼」の中から生まれてきた議員です。(元民主党衆議院議員 水島 広子)


 四六判/並製/256頁/定価 本体1000円+税
 ISBN 978-4-88748-227-2
 2010年9月17日発行
cartへ
 

編者連絡先

山田みやこと市民の会

 〒320-0011
 宇都宮市富士見が丘2-14-24

  目 次


第1部 私が歩んできた道

第一章 私が歩んできた道

 大家族の中で育つ

 懐かしい素朴な街並み

 私の原風景、口粟野

 自転車コンテストの世界大会へ

 ローマ法王に謁見

  山田さんの小学生時代 版画家(旧粟野町出身) 高久茂

 バレーボールを始める

  出藍 元粟野町立粟野中学校教諭 真壁敏夫

 考えるバレーボールに出会う

  静かで控えめなアタッカー 元県立鹿沼高校教諭 山田康弘

 関東大会出場の快挙

  高校時代 同級生・行川コンディショニング代表 潮田キヌ子

 関西ペイントに入社

  ともに過ごした青春時代 同級生・職場の同僚 南部悦子

 ママさんバレーに打ち込む

  「出会い」 栃木県家庭婦人バレーボール連盟会長 千葉多嘉子

 生活クラブ生協を立ち上げ

  山田さんとの出会いと生活クラブ生協活動 初代生活クラブ生協理事長・街づくり市民ネットとちぎ代表 平岩方子

 組合員拡大に手応え

 PTA活動に参加

  PTA書記山田美也子 祥雲寺住職・元昭和小学校PTA会長 安藤明之

 海外研修で貴重な体験

  栃木県の政治世界へ女性の視点 『山田みやこと市民の会』副会長・女性を議会へ送ろう会 宮田直美

  健康体操教室での出会い 健康体操教室講師 釜井加代子


第二章 政治との出会い

 宇都宮市議選に出馬を決意

  代理人運動と山田みやこさん 元生活クラブ職員 吉野恒夫

 初めて尽くしの選挙活動

 「がんばって」の声が日に日に強く

 残念ながら次々点で落選

  お互いにもうひとがん張り 日光市議会議員 平木ちさこ

 水島さんから県議補選立候補の要請

  「有権者への信頼」を大切に 元民主党衆議院議員 水島広子

 県議補選への立候補を決意

 多くの人に支えられて当選

  「やまちゃん」頑張れ!! 『山田みやこ市民の会』会計監査・ママさんバレー昭和クラブ 津田直子

 環境問題と男女共同参画を掲げて

  政治に関わるということ 『山田みやこと市民の会』副会長 羽田令子

 家族の応援があればこそ

  山田さんと共に 第三回宇都宮市女性海外セミナー「グランダーム」・前『山田みやこと市民の会』幹事 若井郁子

 二期目の本選挙に向けて

  山田県議に期待する 元民主党栃木県連事務局長 石川仁

 本選挙で四位当選

  自分の一票の重みを痛感 NPO法人次世代環境健康学センター・環境健康学トランスレーター 小池操子

 地道な活動で三期目の当選

  山田みやこ県議の議員活動十周年にむけて 連合栃木事務局長・〇七年 山田みやこ総合選対事務局長 加藤剛

 DV問題が緊急の課題に

  ウィメンズハウスとちぎ ウィメンズハウスとちぎ代表 中村明美

 基本は「すべての命を守る」こと

  政治に身近さと信頼を与えてくれる人 不動産鑑定士 阪上京子

  女性議連の大きな力 小山市議会議員 青木美智子  114


第三章 『山田みやこと市民の会』誕生

 自然発生的な発案から

  『山田みやこと市民の会』発足への思いから 初代『山田みやこと市の会』会長・ウィ・ネットとちぎ代表 谷津嘉子

 双方向の「通信」を発行

  『山田みやこと市民の会』十年前を思い出して 前『山田みやこと市民の会』会計・ママさんバレー昭和クラブ 奥居美代子

 労組と手を携えて

  政治家 山田みやことして 『山田みやこと市民の会』会長 近能明美

 広がる運動を実感

  親になって母の活動を実感 長男 山田賢司




第2部 山田みやこ通信


 次世代につなげたい 二〇〇一年十一月十一日《通信1号》

 新しい年を迎えて 二〇〇二年二月二十二日《通信2号》

 第三回栃木県男女共同参画懇話会を傍聴して 二〇〇二年四月三日《通信3号》

 一周年を迎えて 二〇〇二年七月二十日《通信4号》

 自分らしく生きるための男女共同参画 二〇〇二年十一月十一日《通信5号》

  ・苦情処理などについて県に申し入れ

 暮らしのニーズを発信します  二〇〇三年二月五日《通信6号》

 生活者の視点を県政に--あなたとともに 二〇〇三年三月一日《号外》

  ・生活者の声が届く「しくみづくり」が必要です

  ・生活者の「声」を反映するために……

 当選御礼 二〇〇三年五月二十五日《通信7号》

 新しい県議会スタート 二〇〇三年七月二五日《通信8号》

 もっと議論を--女性副知事登用について 二〇〇三年十月二十五日《通信9号》

 一般質問に臨んで 二〇〇四年一月十五日《通信10号》

 大分視察研修報告 二〇〇四年四月十日《通信11号》

 政治に背を向けないで 二〇〇四年七月二十日《通信12号》

 民主党「女性議員ネットワーク会議」に参加して 二〇〇四年十月二十五日《通信13号》

 これからの県政のゆくえ 二〇〇五年一月十五日《通信14号》

 雪の中の一般質問--未知の力が社会を変える 二〇〇五年四月十五日《通信15号》

 四年が過ぎて 二〇〇五年七月十五日《通信16号》

 衆議院選挙をふり返って 二〇〇五年十月二十一日《通信17号》

  ・宇都宮工業高校の雀宮移転

 しめくくりの年のスタート 二〇〇六年一月十五日《通信18号》

 「安全・安心」な社会づくり 二〇〇六年四月十五日《通信19号》

 「女性議員ネットワーク会議」に集って 二〇〇六年七月七日《通信20号》

 総合選対結成大会 二〇〇六年十月二十日《通信21号》

 新しい春に向かって 二〇〇七年一月十日《通信22号》

 当選御礼 二〇〇七年四月二十日《通信23号》

 小さな力が社会を変える  二〇〇七年七月一日《通信24号》

  ・新議会スタート

  ・今こそ、スタンドアップ!

 小さな力が社会を変える  二〇〇七年十月二十日《通信25号》

 新たな決意 二〇〇八年一月十五日《通信26号》

 新たな動きに向かって 二〇〇八年四月十日《通信27号》

 議会の中の女性議員として 二〇〇八年七月一日《通信28号》

 財政危機と議会改革 二〇〇八年十月九日《通信29号》

 二元代表制としての議会 二〇〇九年一月十五日《通信30号》

 『民主党・無所属クラブ』誕生 二〇〇九年四月十五日《通信31号》

  ・平成二十一年度予算案に反対

 とちぎ未来開拓プログラム 二〇〇九年七月一日《通信32号》

 待たれる県議会の意識改革 二〇〇九年十月二十六日《通信33号》

  ・ありがとうございました

 地方議員としての新たな決意 二〇一〇年一月十二日《34号》

 懲罰動議から見えたこと 二〇一〇年四月二十日《35号》

  ・機能する県議会へ




第3部 県会議員山田みやこの活動年表


活動年表(二〇〇一年十月~二〇一〇年十月)


あとがき 『山田みやこと市民の会』事務局長 近能康行