栃木SCJへの軌跡
栃木SCJへの軌跡

 PRIDE of TOCHIGI

 大塚順一[著] CRT栃木放送[発行]

 栃木SC悲願のJリーグにたどり着くまでの1340日を追った。
 「プロクラブ立ち上げの苦しみ、準加盟の壁、知事の胸を打った14万5000を超すサポーターの署名、Jクラブと死闘を繰り広げた天皇杯の感動、勝てない日々、指揮官、アマチュア選手との別れ、そしてJリーグ昇格を決めた夜…」。
 下野新聞の番記者が密着したJリーグへの道。新聞紙面にも掲載されなかったエピソードを交えて、今、栃木SCが歩んだ4年間のJリーグへの軌跡が再現される。


 A5判/並製/232頁/定価 本体1200円+税
 ISBN 978-4-88748-187-9
cartへ
 
 

著者プロフィール 

大塚 順一(おおつか じゅんいち)

 1963年宇都宮市生まれ。栃木県立宇都宮東高校、文教大学人間科学部卒業。栃木新聞社勤務の後、92年下野新聞社入社。地域報道部、社会部などを経て、05年から運動部で栃木SCを担当する。鹿沼市職員殺害事件をテーマにした連載企画「断たれた正義」(03年~04年)が第4回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞受賞。著書に「狙われた自治体」(鹿沼事件取材班著、岩波書店)。

 
目 次


プロローグ

    「偶然なんかじゃない」


第1章 「J宣言」-シーズン2005-

    「J」不毛の地
    奇跡が起きた
    3・6・1
    「やっぱり学校の先生なんです」
    断念
    2階級特進
    失速


第2章 「準加盟」の壁-シーズン2006-

    息吹
    擁立
    「株式会社栃木サッカークラブ」
    サポーター奮闘
    継続審査
    ロッソ熊本
    審議先送り
    ヴェルディを倒せ
    清水に吹いた風



第3章 「夢散」-シーズン2007-

    サムライたち
    差し戻された知事原案
    準加盟
    観衆1万2500人
    一週間天下
    泥沼
    混沌……監督解任
    「チャンスは目の前にある」
    アマチュアの意地
    終戦
    プロということ


第4章 誇り高き者たち-シーズン2008-

    代償
    「俺たちにまかせろ。」
    開幕前夜
    リベンジ
    魔物
    その瞬間


エピローグ

    一枚岩