救現10号
救現 10号

 田中正造大学ブックレット

 田中正造大学出版部

 特集は「開校20周年をむかえて」。菅井益郎「「鉱業停止論」の現代的意義」、布川了「田中正造が現代に投げかけるもの」などを掲載。講演録は山口徹「若き日の田中正造 -その人格形成過程を探る」、工藤正三「新井奥邃と田中正造」など四編を収録。

(A5判/並製/112頁/定価 本体1000円+税)
 ISBN 978-4-88748-153-4
cartへ
 
 

編者紹介 田中正造大学出版部


 1986年、宇井純氏を招いての講座で開校。田中正造の生家を学び舎に、渡瀬川流域をキャンバスとして活動。主な活動は、定期講座の開催、情報(ニュース・機関紙『救現』)の発信、フィールドワークの案内など。

 連絡先TEL0283-23-2896(坂原辰男)


 
目 次


 講 演 録

  ●山口 徹
    若き日の田中正造 -その人格形成過程を探る

  ●工藤正三
    新井奥邃と田中正造

  ●嶋津暉之
    八ッ場ダムの問題点を突く!
      -様々な災いをもたらす八ッ場ダム

  ●牧山 明
    八ッ場ダムの問題点を突く!
      -八ッ場の現状と長野原町の将来

  ●関 礼子
    いま、新潟水俣病被害者を支援するために
      -誰のために記録するのか?


 特集 開校20周年をむかえて


  ●菅井益郎  「鉱業停止論」の現代的意義

  ●布川 了  田中正造が現代に投げかけるもの

  ●坂原辰男  田中正造大学が発信したもの


  田中正造大学20年の歩み
  あとがき