駅前医者言上
駅前医者言上

 三浦勇夫

"代々木駅前で、つましい「店(診療所)」を開き、ささやかながらも医業を営んでいる。人よんで「駅前医者」という。生活は苦しい。なぜなら、医者は患者を選べないが、患者は医者を選ぶことができるからである。"
(四六判/216頁/定価 本体1400円+税)
 ISBN 4-939051-27-7
cartへ

 発売:BKC


著者紹介 三浦勇夫 みうら いさお


 1928年、東京・赤坂生まれ。日本医科大学卒業後、慶應義塾大学医学部精神神経科学教室入局、杏林大学保健学部、医学部教授(現在、名誉教授)。
 社団法人日本精神神経科診療所協会元会長、社団法人日本精神福祉連盟理事、社団法人日本アルコール健康医学協会理事、厚生労働省公衆衛生審議会委員、その他、各検討委員会委員等を歴任。
 ……という肩書きを一応格好づけるため記したが、本当は、孫とスミレをこよなく愛する多少口うるさくも涙もろいジイさん。そして妙に回転寿司を好むが、自分の狙った皿を先に取られるとその夜は悔しくて眠れない。そうそう、本職は専業精神科医で零細・三浦診療所院長。

目次

 たわごとのはじめに  5
 駅前医者になってはみたものの  8
 医者とは哀れなものよ 17
 「店」を開いて一年がたった 23
 東京は悪い所なりしか? 32
 カレーライスはご馳走か? 36
 椅子はこわい 41
 泥棒さん、ご苦労さん 44
 一人当りレセプト数と精神科診療所医師の生活及び性格の変化 48
 同姓ミウラ、医局に五人 50
 「元祖・本家・宗家・家元 駅前医者」の商標登録 58
 真夜中の電話あれこれ 64
 駅前医者事件簿 カルテ勧進帳事件控 73
 駅前医者事件簿 宮家令嬢事件控 80
 駅前医者事件簿 病院風呂場事件控 90
 海坊主が出た! 101
 天辺禿鷹 112
 詐欺男よ、金返せ! 119
 たらちね 127
 続たらちね 137
 オヤジの小言 147
 ダイエットは身だしなみ? 153
 北 杜夫さんのこと 158
 妻との別れ 168
 飛蚊症騒動 179
 天皇陛下とお尻 185
 不健康に老いる 193
 『駅前医者言上』について  斎藤 茂太 205

 しがなきことのおわりに 211