しもつけ盆踊り考
『しもつけ盆踊り考』

茂木真弘

八木節、日光和楽踊り、そして伝承される古来の盆踊り歌。盆に行われた「念仏踊り」、農作に勤しみながら踊った「豊年踊り」、そしてご瞽女たちが伝えたしもつけの盆踊りに焦点を当てる。
(新書判/148頁/定価 本体1000円+税)
 ISBN 4-938640-89-9
cartへ


目次


 はじめに  3

1 稲作と芸能  9
   「音頭取り」と「囃子」
   田楽舞
   豊作祈願の唄と踊り

2 念仏踊り  16
   念仏の中の音楽性
   「念仏踊り」のはじまり
   百堂念仏
   天祭〈てんさい〉踊り(天祭〈てんまつ〉り踊り)
   盆踊りの創成期

3 盆踊りの形態  28
   輪踊りと流し踊り
   手踊り
   手拍子
   「石投げ踊り」
   「げんこつ踊り」
   道具を使った踊り
   囃し唄の踊り

4 アレサ型盆踊り唄  41
   盆踊り唄の文字構成
   アレサ型盆踊り唄
   「日光和楽踊り」(日光市)
   「直利音頭」(足尾町)

5 盆踊り口説  54
   口説〈くどき〉
   瞽女〈ごぜ〉と口説
   「新保〈しんぽ〉広大寺」
   「口説」と「盆踊り唄」
   「くどき音頭」(真岡市)
   「富田節」(大平町)
   「栃木音頭」(栃木市)
   「大門音頭」(佐野市)
   「神子節」(足利市)
   「ヤシャゴシャ」(真岡市)

6 八木節の流行  92
   八木節の誕生
   八木節のリズム
   踊り
   群馬県における八木節の普及
   足利織物と八木節
   近隣地域への波及
   南那須町藤田の「源太踊り」
   西那須野町太夫塚の「八木節笠踊り」
   「なんちきどっこい」(奈良県大塔村)
   「八木節」に掛ける情熱

7 お囃子  123
   盆踊りのお囃子
   樽〈たる〉
   鼓〈つづみ〉

8 現代盆踊り考  134
   新民謡による盆踊り
   「田舎節」と「都節」
   盆踊りが禁止された時代を経て
   新しい盆踊りのスタイル
   薮〈やぶ〉入り

 主な参考文献  144