足尾銅山史 別冊
足尾銅山史 別冊

 村上 安正

 著者が古希の歳から稿本として4回に渡って書き継いで完結した「足尾銅山史」の別冊。江戸から明治時代にかけての文献20点、「足尾郷土史」など資料を3点、そして「足尾銅山史」の索引を収録。

(B5判/並製/140頁/定価 本体1000円+税)
 ISBN 4-88748-140-3
cartへ



「足尾銅山史」


著者紹介 村上 安正 むらかみ やすまさ


1931年3月 東京・本所に生まれる
1945年3月 東京夜間大空襲で被災、1週間後足尾へ行く
1949年4月 足尾高校を卒業し、古河鉱業株式会社足尾鉱業所に入所
1955年4月 “ぜんこう”に「足尾銅山の想い出」11回連載、以後鉱毒事件から大正8年争議まで計4シリーズ30回の連載をする
1958年7月 編著『足尾銅山労働運動史』(650ページ)上梓、翌年「永岡鶴蔵論」を発表
1973年11月 金属鉱山研究会創設
1986年3月 55歳で停年退職、1年間充電後再就職
1996年9月 ジオテクノ株式会社入社
2005年2月 同社退職

〔主要著作〕
『足尾に生きたひとびと』1990
『銅山の町 足尾を歩く』1999
『鉱業論集』1、2 1986. 3 2000
『足尾銅山史』2006

〈編著〉『足尾銅山労働運動史』1958

〈共著〉
『技術の社会史』4 1983
『なぜ今足尾か』1983
『金属の文化史』1991
『日本の産業遺産』1986
『日本の産業遺産300選』1993
『利根川 人と技術文化』1999
国立科学博物館『日本の鉱山文化』1996
『黒川金山報告書』1997
文化庁『近代産業遺跡調査報告書』-鉱山-2002
その他、各地の鉱山調査、論文、報告書、事典の執筆、大学及び鉱山地での講演を実施
目 次


 縦組部

 1   足尾御銅山古記          7
 2   文化八年足尾銅山一件       18
 3   足尾五姓考 抄          21
 4   日光山志 巻之四 抄       22
 5   木村長七自伝 抄         23
 6   木村長兵衛伝 追憶 抄      26
 7   明治以後之足尾銅山 抄      27
 8   古河家諸鉱山役員名簿 抄     29
 9   足尾銅山の思い出 抄       37
 10   東京日々新聞記事         40
 11   足尾銅山 抄 松原岩五郎     40
 12   坑夫ノート 夏目漱石       42
 13-1  飯場頭役等人名簿 明治三六年   48
 13-2  飯場頭役等人名簿 明治四一年   49
 14   大正五年頭役名簿         51
 15   頭役考課表            52
 16   尋常小学読本 巻十        57
 17   採鉱課事業記録 抄        58
 18   大正後期・足尾物価等の調査報告  61
 19   足尾関係社会運動者人名事典    63
 20   足尾鉱業所長名          68

      文献解題            69
      あとがき            80



 横組部

 〔資 料〕
 1   足尾郷土誌 昭和八年版 抄    7
 2   合併直前の足尾町の現況      11
 3   鉱山の歴史と技術・社会      18

 〔『足尾銅山史』索 引〕         33
 人名索引                 35
 事項索引                 42
 鉱山用語索引               51
 表索引                  54