京都、リヨン、そして足利-近代絹織物と近藤徳太郎 『京都、リヨン、そして足利-近代絹織物と近藤徳太郎』

 日下部高明

明治28年、足利産地の織物関係者のすべての人々の驚愕と歓喜の中に、栃木県工業学校初代校長として迎えられた近藤徳太郎。大正から昭和にかけて隆盛を極めた「足利本銘仙」の誕生と近代工業教育の発展に生涯を捧げた彼の足跡を描く。
(四六判/152頁/定価 本体1500円+税)
 ISBN 4-88748-057-1
cartへ

著者紹介 日下部高明

1937年東京生まれ。1959年東京教育大学卒業。国家公務員を経て、1962年栃木県教員となる。1990年栃木県教育研修センターを経て、1991年足利南高校長、1994年栃木女子高校長。栃木女子高を最後に教壇を下りる。1997年足利工業大学事務局課長に就き、現在に至る。日本地理学会、産業考古学会、古代都市条里制研究会所属。
目次

  序にかえて  3

1 驚愕と歓喜の中に  9

2 「足利織」の成立とその終焉
   江戸時代中期に成立した足利の織物産業  14
   生き残るため、「尊王」に藩論を変えた足利藩  19
   明治維新後の「足利織」の発展と終焉  24

3 近代足利織物と市民社会の成立
   松方デフレの不況から立直るために  32
   改善事業を進めた内圧と外圧  36
   近代足利織物と近代市民社会  42
4 京都府フランス留学生近藤徳太郎
   近藤を育てた京都  44
   京都府勧業留学生になる  48
   近藤、リヨンで絹織物を学ぶ  52
   画期的な京都織物会社創設に腐心  59
   川島織物にわらじを脱いだ近藤  62





5 栃木県工業学校長近藤徳太郎
   近代的工業学校づくりの夢  68
   栃木県工業学校を育てる  70
   近代足利織物への近藤の役割  80
   近藤三度目の渡欧、コモを知る  88

6 二十世紀の絹織物の方向│絹紡糸織物
   「絹紡績絲」、いわゆる絹紡、絹紡糸  98
   栃木県工業学校の改革  104
   絹紡糸と「スパンクレープ」開発  106
7 「日本を制覇」した足利の銘仙織物
   「足利本銘仙」と絹紡糸  118
   柞蚕糸と「足利本銘仙」  124

8 京都、リヨン、そして足利  131

  あとがき  142

  (近藤徳太郎年譜)