救現 7号
『救現 7号』

田中正造大学出版部篇

足尾鉱毒事件と生涯を貫いて闘った田中正造の生家を学舎に、正造を学長として産声をあげた田中正造大学の講演録。最新7号は特集「白仁家文書をめぐって」、講演録、坂東克彦「闘いを終えて-新潟水俣病闘争史」など。
(A5判/144頁/定価 本体1000円+税)
 ISBN 4-88748-018-0
cartへ


目次


【NO.7 1998】

[講演録]坂東克彦「闘い終えて――新潟水俣病闘争史」
板橋明治「鉱毒根絶の闘いは終わっていない」
篠原孝「森と水と土の世紀――どうする 21世紀の食と農 パート1」
和田博之・戸谷委代「有機農産物に関する先駆的提携事例――どうする 21世紀の食と農 パート2」
[特集・白仁家文書をめぐって]白仁成文「祖父・白仁武について」
栗島弘「白仁家文書――その概要」
布川了「谷中村を滅亡に追い込んだ稟請書」
資料「白仁家文書全公開」
[報告]布川了「榎は、待っていました」