歴史と文化20号  
歴史と文化 20号

 栃木県歴史文化研究会[編]

 歴文研20周年記念号。 研究論文、阿部邦男「蒲生君平の生涯と『山陵志』撰述の意義」、千田孝明「足利樺崎寺赤御堂考」、研究ノート、中田太郎「近世下野国における道徳的視点からの「間引き防止」教化」などを収録。
(A4判/88頁/定価 本体2000円+税)
cartへ
 
 
 
 
編者紹介 栃木県歴史文化研究会 (とちぎけんれきしぶんかけんきゅうかい)

 郷土の歴史と文化の研究を推進する目的で1991年に発足。講演会や各分野別の講座・セミナーを開催するほか、機関紙「歴史と文化」を発行。

 
目 次


巻頭言

 地域史研究団体の現状と課題  千田 孝明

創立二〇周年にあたって

 歴代常任委員長の言葉
  それは五○通の呼びかけ文から始まった  阿部  昭
  創立の頃  柏村 祐司
  三代目委員長として  大嶽 浩良
 二〇周年にあたっての思い出
  ありがとう「古墳を歩く会」  大出 雪夫
  これからの栃木県歴史文化研究会に思う  金井 忠夫

研究論文

 蒲生君平の生涯と『山陵志』撰述の意義  阿部 邦男
 足利樺崎寺赤御堂考  千田 孝明

研究ノート

 近世下野国における道徳的視点からの「間引き防止」教化
         ─その根本にある思想の探究  中田 太郎

書評

 松本一夫著『下野中世史の世界』 月井剛
 久野俊彦著『絵解きと縁起のフォークロア』  宮田 妙子

活動記録

 栃木県歴史文化研究会活動の記録

各種情報欄

 文献情報(図書一覧・研究論文一覧)
 平成二十二年度栃木県内発掘調査情報
 栃木県内所在文化財新規指定等の状況(平成二十二年度)

栃木県歴史文化研究会二〇年の記録

 各大会の記念講演・研究報告等一覧
 『歴史と文化』総目次